うつ病と躁鬱病の違い

うつ病と似ている病気に、躁鬱病があります。躁鬱病は、うつ状態と躁状態を繰り返す病気で、処方される薬などは異なります。躁状態のときは気分が爽快で元気に見えますから、病気だとは思われない場合も多くあります。しかし、次にやって来るうつ状態で病気と気づかれます。躁鬱病は「双極性障害」とも呼ばれています。双極性障害でも、調べてみると良いでしょう。

躁状態のときに気分がいいから大丈夫というものではなく、精神状態が両極端であることが問題です。うつ病に比べると、躁鬱病のほうがうつの状態が長いとされており、より深刻です。うつ状態のときに気づくことから、躁鬱病とわからないことがあります。そのため、よく調べてみたら躁鬱病だったということもあります。躁状態を見て、うつ状態が治ったと勘違いすることもあります。このような理由から、見逃されてしまうことがあるのではないでしょうか。

躁鬱病は躁状態が出てはじめて躁鬱病と診断されますから、うつ病と誤診されることも多いということです。心療内科の医師であったとしても、正確な診断をくだすのは難しい場合があります。躁状態のときには本人自身が調子がいいため、病気だとは判断できないと思いますから、まわりで見ている人の発言から病気がわかることもあります。